今日中に10万円借りれるカードローンを紹介!

理由は様々だと思いますが、どうしても「今日中に10万円必要!」って時がありますよね。

そんな時、身近な人に借してくれる人がいればいいですが、多くの場合、そんな人はいません。

いたとしても、後々のことを考えると、親族や友人からお金は借りない方が利口です。何かとモメる原因になりますからね。。

一番オススメの解決策はカードローンで10万円を借りることです。

2010年6月にグレーゾーン金利が廃止されたので、今はだいぶ低い金利でお金を借りることができるようになりました。

たとえば、10万円を実質年率18.0%で借りて30日後に返済した場合の利息は1479円です。

15日後に返済すれば利息はたったの739円です。安いですよね!

さらに、プロミスなら始めての人は30日間無利息ですし、その後の返済も月々4,000円と負担が少ないのでオススメです!

今日中に10万円借りれるカードローン会社一覧

今日中に10万円借りれるカードローン会社一覧をオススメ順に掲載します!

1位
プロミス »
実質年率 特徴 融資対象
4.5〜17.8% 30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
平日14時までにWEB契約完了で当日振込。
借入れ3秒診断。
三井住友フィナンシャルグループのグループ会社。
主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合は申込可能。
融資額
1〜500万円
審査時間
最短30分
2位
アコム »
実質年率 特徴 融資対象
4.7〜18.0% 30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
三菱東京UFJ銀行ファイナンシャル・グループ。
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
融資額
1〜500万円
審査時間
最短30分
3位
アイフル »
実質年率 特徴 融資対象
4.5〜18.0% 1000円から借りれるカードローン。手続きはネットで全て完了し、即日融資も可能。 自営業者、パート、アルバイト、派遣、主婦、学生でも安定した収入があれば申込可能。
融資額
1000円〜300万円
審査時間
最短30分
5位
モビット »
実質年率 特徴 融資対象
4.8〜18.0% 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちで、パソコンから申込なら「WEB完結」で電話連絡・郵便物なし。当日振込も可能。
三井住友銀行グループ。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。
融資額
1〜500万円
審査時間
最短30分

当日振込してもらうなら14時までに申し込む必要がある理由

当日振込を希望なら14:00までにWebから申込み!

「今日中にお金を振り込んで欲しい!」と思っている人が気をつける点としてウェブからの申込時間があります。

今はどのカードローン会社もウェブからの申込が一番多く、素早く対応できる体制になっているので、ウェブから申し込むのが今日中に振込してもらうポイントです。

ただし、今日中に振込してもらうには14時までに申込する必要があります。

どのカードローン会社もウェブサイトには「14時までにウェブから申込みして頂ければ即日振込可能です。」と書いています。(会社によっては14:30のところもあります)

なぜ、14時までなのか?それは銀行の営業時間が関係しています。

というのも、銀行は15時までの振込は当日扱い、15時以降の振込は翌日扱いにするからです。

14時までにウェブから申しこめば、そこから審査と手続きが1時間以内に完了すれば、15時までに振込ができます。

15時までに振込ができれば、その日のうちにアナタの銀行口座にお金が振り込まれます。

だから、14時までに申込みと言っているのです。

しかしです・・・実は、ここに落とし穴があります。

上記で紹介している会社はどこも有名なので、利用者が非常に多いです。

利用者が多いということは、それだけ審査する人も多いということなので、審査に時間がかかるということです。

アナタよりも早く申し込んだ人が10人と20人とでは審査時間も倍ほど変わってきます。

何が言いたいのかと言うと、確実に当日振込してもらいたいなら、お昼の12時くらいまでにウェブから申し込んだ方がいいということです!

12時頃までに申しこめんで審査に通れば、確実に当日振込に間に合うと思いますよ!

土日でも今日中に振込してくれるの?

休日明けは混みあうので休日中に申込みがコツ!

もし、アナタが「今日中に10万円借りたい!」と思ったのが土日や祝日だった場合、アナタはその日のうちにお金を借りれるのでしょうか?

残念ながら、土日や祝日は当日振込はできません。

なぜなら、土日祝日は銀行自体がお休みだからです・・・。

銀行が休みだから、カードローン会社がアナタに振り込みしたいと思ってもできないんですよね。。

ただし、それでもその日のうちのウェブから申し込んでおいた方がいいです。

なぜなら、休日明けはカードローン会社は混み合うからです。

振込は土日祝日はできませんが、ウェブからの申込みはできます!

そして、休日明けの審査は申し込み順に行われます。

月曜日に審査される順番は、最初に土曜日に申し込んだ人、次に日曜日に申し込んだ人、それから月曜日に申し込んだ人なのです。

なので、月曜日はいつも混み合っています。

もしかしたら、12時頃までのウェブから申し込んでも、当日振込できない可能性すらあります。

ですから、土日や祝日だとしても、ウェブから少しでも早めに申込しておいた方がいいですよ(^_^)

今日中に10万円借りたら利息はいくらになるの?

カードローンでお金を借りるなら、事前に利息の計算方法は把握しておきましょう。

まず、利息の計算方法ですが、これは非常に簡単な算数でOKです。

利息 = 借りた金額 × 実質年率 ÷ 365 × 借りた日数

カードローンの金利は「実質年率」と言うように、最初に年率計算で1日分の利息を計算します。だから、365(日)で割っています。

そして、その1日分の利息に借りた日数をかけると、利息額が分かるようになっています。

つまり、借りた日数が少ないほど、利息も少なくなるということです。

たとえば、10万円を実質年率18%で借りた場合の利息は以下のようになります。

カードローンで10万円を実質年率18%で借りた時の利息額
借りる金額 実質年率 借りた日数 利息額
10万円 18% 1日 49円
3日 147円
5日 246円
10日 493円
15日 739円
20日 986円
30日(1ヶ月) 1479円

次に、実質年率15%でシュミレーションしてみましょう。

カードローンで10万円を実質年率15%で借りた時の利息額
借りる金額 実質年率 借りた日数 利息額
10万円 15% 1日 41円
3日 123円
5日 205円
10日 410円
15日 616円
20日 821円
30日(1ヶ月) 1232円

このように実質年率が3%ほど落ちても、利息はあまり変わらないのです。

それよりも、1日でも早く返済することを重視すべきだと思います。

たとえば、10万円を実質年率15%で借りて30日後に返済したら利息は1232円ですが、18%で借りて20日後に返済すれば986円で済みます。

以上が利息について知るべきことです!

ただし、利息を払わないで10万円を借りる方法もあります。

もし、アナタが過去にプロミスを利用したことがないならば、絶対にプロミスで10万円を借りるべきです!

なぜなら、プロミスは初めての人なら30日間無利息だからです(^_^)

ウェブから10万円の融資を申し込んで、審査に通って振り込んでもらったら、30日以内に「プロミスポイントサービス(無料)」に申し込んでください。

しうすれば、最初の30日間は無利息になります。

つまり、30日以内に借りた10万円を返済すれば、実質金利0円でお金を借りれるということです!

これを利用しない手はありません。ですから、プロミスが一番オススメなのです。

仮に、30日以内に10万円全額を返済できなくてもプロミスなら月々の返済額は4,000円でOKです。

4,000円なら家計に負担をかけずに返済していけますよね(^_^)